詰め替えインク おすすめ

おすすめの詰め替えインク【サンワサプライ】

詰め替えインクならサンワサプライがおすすめです。以前、ブラザーの複合機で使用していました。リサイクルインクや一般的な互換インクより安く購入することが出来ます。

 

従来からある、純正インクに穴を開けてインクを注入するタイプの他に、汎用カートリッジと詰め替えインクがセットになった新製品があります。これを使えば、穴を開ける手間が省けますので、エコで楽チンですね。

 

サンワサプライの特徴

  • インクの値段は互換性インクの中で一番安価
  •  

  • 使われているインクは国産で高品質
  •  

  • 残量検知・残量表示機能付き
  •  

  • 新製品なら穴を開ける手間暇が不要

 

新製品・汎用カートリッジ付き詰め替えインク 

 


互換性インクでは一番安い

詰め替えインクは、インクを自分で詰め替えする必要がありますが、このサイトで紹介している互換性インクの中では、一番安価で購入することが出来ます。

 

市販されている互換インクの中には、詰め替えインクよりも安い製品もありますが、品質的な面が心配ですね。口コミを見るとトラブルが多いようです。

 

初回は、ICチップリセッターや工具が付属しているセットを購入する必要があるので、場合によっては、最初だけコストがかさみます。

 

新製品・汎用カートリッジ付き詰め替えインク

 

汎用カートリッジ付き詰め替えインクは、専用のインクカートリッジが付属している詰め替えインクです。自分でカートリッジに穴を開けたりする手間が不要になるので、簡単にインクを詰め替えすることが出来ます。

 

今のところ、エプソンとキャノンの一部の品番に対応していて、オートリセットICチップ搭載タイプもあります。

 

価格比較・エプソンインクの場合

 

IC6CL50(6色セット)の場合

 

純正インク 6,151円

 

工具付セット

工具無し

汎用カートリッジ付

価格

8,208円

5,880円

3,580円

補充回数

5~7回

5~7回

4回

純正インクとの差額

-22,547円

-24,875円

-21,024円

6色セットあたりの単価

1,641円

1,176円

895円

詰め替え可能回数は、5~7回となっていますので、5回で計算しています。

(価格は2019年9月調べ)

 

工具付セット、無しタイプは純正インクカートリッジに穴を開けてインクを注入します。手間はかかりますが、純正インクカートリッジだけに、一部の互換インクのような、ICチップ認識不良や初期不良は起きにくいでしょう。

 

 

インクのコストを重視する方へ

 

詰め替えインクは、手間がかかる代わりに、安く購入できるメリットがあります。国産インクなので品質面でも問題ありません。インクのコストを重視される方には最適な互換性インクです。

 

関連ページ

インク革命の評判【互換インク】
インクジェットプリンター用の互換性インクをランキング形式で比較しました。わたしが実際に使用してみて満足している、おすすめの互換インクと、リサイクルインク、詰替えインクを紹介しています。
互換インク【インクナビ】
互換性インク(互換インク・詰め替えインク・リサイクルインク)のおすすめ品をご紹介します。互換インクではインクナビがおすすめです。
リサイクルインク【エコリカ】
互換性インク(互換インク・詰め替えインク・リサイクルインク)のおすすめ品をご紹介します。リサイクルインクではエコリカがおすすめです。

純正インクと互換インクの比較 互換性インク・ランキング 互換性インク・価格比較